イベント概要

今、学生が本当に受けたい講義

11月3日(土・祝)開催

2018年2月28日、北海道科学大学協学会は、創立50周年を迎えました。
これを記念し、第51期協学会執行部では「学生による特別講座の企画」をします。
タイトルは「COLORS Project -01」テーマを「今、学生が本当に受けたい講義」として
この場限りの、普段とは一味違う知的探究心をくすぐる最高の学びの1日を提供します。

    • 既存学部の最新技術に迫る講義
  • 〈未来・クリエイト〉
    =開発途上や未開発のジャンルは多数。多分野の教授・専門家達の語り合いは何を生むでしょうか。

    • 学部学科の枠を超えた+αの学びの講義

    〈学び・カルチャー〉
    =「大学では学べない、けど知りたい!」そんな、「+αの今」を身に着ける講義の行く先は。

    全10タイトル以上の講義・フリーイベントを展開!!

    タイトルコンセプト

    Color=色。それぞれの色が専門分野であるとすれば、異なる分野の共同研究は「混色」です。
    色には美しく見える組み合わせとそうではない組み合わせがあるだけで
    「汚い色」というものはありません。
    混ざり合うことで新しいものが生まれる COLORのように、
    学問もトーンを合わせてセッションすれば、まだ見ぬ世界が開けるはず!

    本イベントでは、大きく「工学」「人間」「アート」という色の中に

  • さらに多くのバリエーションを持たせます。

    人間を再確認する場

    今、学生が本当に受けたい講義とは、なんでしょうか。
    書き出した先にあるものは、
    「いかに人間が人間を知り合うのか。」
    「密接に絡み合う学問がいかにして人間に帰着するのか。」
    純粋で奥深い興味そのものです。
    この日を、人間の「知的好奇心」に直接リンクする講義として。

     

     

    2018.09.01
    総合プロデュース 川上誠